洗浄成分の石油系界面活性剤の役割と頭皮への影響とは

薄毛の原因は頭皮環境の悪さが影響しますが、
汚れや過剰な皮脂だけが薄毛の原因ではありません。

実は頭皮の乾燥も要因の一つになります。

この頭皮の乾燥は、使用しているシャンプーによって引き起こされていることがあるようで、シャンプーなどに含まれる成分はいくつかに分けられます。石油系界面活性剤もそのうちの一つです。

シャンプーの成分表に「硫酸」「ラウリル」「ラウレス」という言葉が含まれる成分が配合されていたら、石油系界面活性剤が配合されている商品です。

これが配合された商品を長く使用していると、乾燥肌を引き起こし、フケかゆみ、いずれは抜け毛薄毛に悩まされてしまいます。

余分な皮脂はもちろん、頭皮環境に良くないのですが、取りすぎると乾燥してしまいます。
石油系界面活性剤を配合している商品の特徴はその洗浄力にあります。

界面活性剤の中には、天然成分で作られたものは安全ですが、石油から生成される界面活性剤は細胞を破壊する作用があり、発がん物質を含む有害性があり、危険因子が多いのです。

洗い物で手荒れがひどくなるという話もよく耳にしますが、そのような家庭用の洗剤などにはすべて石油系界面活性剤が使われています。汚れはよく落ちるかもしれませんが、 人体に影響を及ぼすような危険性も含んでいます。

洗い物は手袋をつけて行うことで、直接触れなくてすみますが、
シャンプーは毎日直接使用するものですから、成分を確認したうえで、出来るだけ避けたほうが良いと言えます。
逆に、シャンプーを変えれば頭皮環境もしっかり整えられるということも言えるでしょう。

ヘアケアシャンプーについて・・・関連記事