シリコンコーティング剤の役割と頭皮へもたらす影響とは

つやつやさらさらのきれいな髪に憧れる人は多いでしょう。

もちろんバサバサしているよりは、艶髪の方が見た目はいいです。
自分の髪が元気なら、いつでもさらさらヘアーでいられるはずですが、パーマやヘアカラー、あるいは紫外線の影響などで、髪が傷んでいない人の方が少ないくらいです。

最近のシャンプーはさらさら感やつやつや感を謳い文句にしている商品も多くあります。 でも、実はそれはシリコンコーティング剤を使用し、化学的化合物によって、人工的に作られたものです。

シリコンコーティング剤は髪の表面にしっかり付着してしまうので、保護されているように思われがちですが、ダメージが修復される前にコーティングされてしまうので、必要な栄養分が行きわたらないばかりか、髪や頭皮も呼吸ができなくなり、窒息してしまう状態になってしまうのです。

髪が修復されたように見えてしまうので、それ以上のケアをしないので、中からどんどん傷んでしまいます。

髪をコーティングするシリコン剤は、古くなると次第にぼろぼろ剥がれ落ちますが、その時に、髪の天然保護成分であるキューティクルも一緒に剥がしてしまうので、ダブルでダメージを与えてしまうことになるのです。

また、シリコンコーティング剤が頭皮についてしまうと、毛穴を塞いでしまうので、毛髪サイクルも乱れてしまいます。
このようにシリコンコーティング剤を長く使用すると、髪にも頭皮にも影響が出てきてしまいます。
ダメージ改善にはシリコンフリーをお勧めします。

ヘアケアシャンプーについて・・・関連記事