毛髪や地肌にノンシリコンシャンプーが良い理由

一般に市販されている...特に安価なシャンプーには、ほとんどにシリコンコーティングが配合されています。

シリコンの役割は、髪の毛をコーティングすることで洗い上がりにツヤを持たせ、
滑らかな指通りにする役割があります。

最近では、『ノンシリコン』というキーワードが独り歩きしている印象を持ちますが、
実はシリコン自体、コンタクトレンズや美容整形にも使用されるように、
身体に害を与えるものではないとされています。

しかし、最近シリコンフリーのシャンプーが多くのメディアに取り上げられているのは、
一体なぜでしょう。


シリコンコーティング剤は先にも説明しました通り、洗い上がりの髪をコーティングすることでツヤを持たせて指通りを良くする目的がある訳ですが、
それには、コーティングしなければいけない理由があるんです。

一般に市販されているシャンプーに配合されている洗浄成分は、石油系の化学合成物質『石油系界面活性剤』と呼ばれる洗浄成分が配合されています。

この成分の洗浄力が強過ぎる為に、髪の毛がパッサパサになってしまうので、人工的にコーティングしてツヤを出してあげる必要がある訳です。


しかし、強い洗浄剤でダメージを受けているにも関わらず、サラサラに見せる為に傷んだまま修復されずにコーティングしてしまう為、
髪が傷んでいても気づかずに進行してしまったり、
まだ若いにも関わらず髪の毛がやせ細っていったり...、
毛髪のトラブルに悩まされる方が増えている一因となっている訳です。

このような事からノンシリコンが良いという流れになってきている訳ですが、

実は、ただノンシリコンであれば良いという訳ではないので、
シャンプーを選ぶ際にはもう1点だけ注意する事をおすすめ致します!


ココまでで、もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
洗浄成分にも注目する事をおすすめします。

洗浄力の強い石油系界面活性剤は、髪へのダメージだけでなく頭皮の乾燥を招く原因となります...、特に乾燥肌だったり頭皮が弱いとお感じの方に多いようです。

洗い過ぎは、まだ本来必要な皮脂や油分までも持っていかれ、
頭皮がカサカサになり“フケ”や“かゆみ”のトラブルを引き起こす一因となります。

実は、これこそが髪や頭皮トラブルの根源となっている方も多いのではないでしょうか。

なのでヘアケアの為のシャンプーを選ぶ際は
髪と頭皮に優しい『アミノ酸洗浄成分』配合のものを選びましょう。
アミノ酸洗浄成分は、頭皮に優しい素材をもとにした洗浄成分ですので、髪と頭皮のケアに最適です。


でも、どうやって選べばいいの?

と、お思いの方もいらっしゃると思いますので、
ネット通販の際に、判断基準となるたった1点のポイントをお伝え致します。


メーカーの販売サイトで『アミノ酸洗浄成分配合』とか『洗浄成分は頭皮に優しいアミノ酸系を使用』などと明確に謳っているかどうかが、一つの判断基準となるでしょう。

これは、『ノンシリコン』かどうかの判断をする際にも同様の事が言えると思いますが、

一見ノンシリコンのように説明していても『シリコンコーティング剤不使用!』『シリコンフリーです』と明言していなければシリコンコーティング剤を使用している可能性が高いので、避けた方が良いかもしれませんね。

また、当サイトは過去に実際シャンプーで髪の悩みから解消された管理人が運営していますので、宜しければあなたのヘアケアの為にお役立て頂ければ幸いです。

ヘアケアシャンプーについて・・・関連記事