育毛剤と育毛シャンプーの役割と働きの違いについて

「育毛剤」は男女問わず、認知度の高い商品で、髪の悩みがある人は、一度は手に取ったことがあるでしょう。

髪の悩みを抱える人口が増えつつある最近は「育毛シャンプー」を目にすることも増えてきました。では、育毛剤と育毛シャンプーの違いをご存知ですか。

「育毛」を目的にしていることに違いありませんが、基本的には育毛剤は、頭皮に働きかけ、しっかり浸透し血行を促進する、そして髪の毛に栄養分を行きわたらせて内部からのケアをしっかりすることが目的になっています。

一方、育毛シャンプーとは、頭皮をしっかり洗浄し、毛穴に詰まった汚れや皮脂を落とすことなどの、外部ケアを目的としています。
そう考えると、内部外部からのダブルパワーでヘアケアの効果が高まることを期待しますが、基本的にはどちらかだけの使用でよいようです。

発毛促進が最初の目的ですから、頭皮環境の改善を一番に考えるべきです。
まずは、育毛シャンプーで外部ケアをしっかりしてみましょう。

育毛剤は内部に直接浸透させて改善を促すものなので、頭皮環境が整っていないときに使用すると、逆に刺激が強すぎて、ダメージを与えることになる場合もあるので注意が必要です。
育毛剤の効果を最大限に活かすためにも、浸透しやすい環境を整えましょう。

頭皮の汚れはしっかり取り除き、清潔な状態でいることにより、内部浸透の効果がはっきり表れてきます。育毛シャンプーでケアすることは、薄毛や抜け毛の予防にもなります。毛穴の汚れをきっちり取り除くことで、抜け毛は減り頭皮ダメージを与えることなく健康な状態を維持することができるので、結果、薄毛になりにくくなります。

ヘアケアシャンプーについて・・・関連記事